2006年09月10日

りき。

久しぶりに開店しやス(-ω☆)キラリ
フルーツの大橋屋へようこそ。
怠慢娘でごめんなさい。

そして。
本日は。
この娘の可愛い愛犬りき(ハスキー♂15年)のお話。
     050620_184356_M.jpg

高知の夏は厳しいだろうな。
寒い地方で棲むはずの犬だ。
夏が来るたびにそう思う。
真夏が大好きな娘だけれど、きっとりきにはつらいはず。
ここ2〜3年は特につらそう。
冬場のりきはこんなにはしゃいでる。
 051218_155610_M.jpg 051218_155629_M.jpg

老犬だ。
誰にでもなついて大人しく触られてたこの子が、
ある日いきなり咬み犬になった。
目も弱り、鼻も利かず、耳も遠くなり。
イライラするのだろう。
飼い主達だけにしか触らせない、気難しくも誇り高い犬。
可愛い子。

娘は毎晩酔っ払って帰る。
玄関に寝そべるりき。
娘を一瞥して言う。
「お帰り。またでスか?」
そのまま犬小屋に突っ伏して触り放題の嫌がらせ。
耐えるりき。
酔っ払い度が凄いほど、何故か犬小屋に老犬と泥酔娘が鎮座。
話し込む日もあれば、素通りで部屋に上がる日もある。
でも。
酔ってる時はよく話してる。
悩みを打ち明けたり、毒づいたり、楽しく騒いだり。
送ってくれた人に言われたことがある。
「ほんまに話してるんや。」
聞くな、馬鹿。
愛する人との抱擁も、りきは黙って見ていたネ。
愛を失い悲しみにくれる時も、お前は黙って見ていたんだ。
喜びも悲しみも。
全て玄関で。




そして。
長い間お疲れ様。
昨日よさこいイベントに出かける時、声をかけたのが最後。
踊りの音楽をうっすらと聞きながら。
熱いアスファルトの上で静かに逝った。

りき。
酔っ払い娘の聞き役だったお前。
愛してるよ。
愛してる。

今朝5時半頃。
泥酔で犬小屋に座ってた娘が居る。
1人はつらいな。



悲しい日記じゃない。
愛の日記だ。
慰めとかはいいぜ。
だって本当に。
これは愛の日記なんだから(*^▽^*)
      051225_154124_M_Ed.jpg


そんなハスキー娘の独り言でした。


posted by ガイナレッド at 14:31| 高知 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。